HOME / 仕事を知る / プロジェクトの流れ

仕事を知る仕事を知る

プロジェクトの流れ

プロジェクトの流れ

  • 打合せシーン
    企画原案段階に参加します。

  • 企画から意見を発信
    グラフィックに関わる全ての打ち合わせに参加し、より良い商品を創り上げていくために必要な意見があれば、企画段階から発信していきます。

  • 提案シーン
    企画原案から、具体的なデザイン・画像イメージの提案していきます。場合によっては企画自体の変更もあります。
    具体的なデザイン、画像を提案することで、企画内容に変更が出る場合もあります。また、グラフィックから方向性の変更提案をSFGから行う場合もあります。

  • 開発環境の選定 / 開発、ワークフローの提案
    デザインのクオリティレベルと開発環境のスペックのバランスを見ながら、シェーダーの開発などミドルウェアの選定・提案を行います。
    グラフィック制作の観点から、開発、ワークフローの提案を行います。
    場合によっては、作業効率を考えたツールの開発や、各種ゲームエンジン用の中間ファイル生成ツールの開発まで行います。

  • データ制作 1
    0から1を生み出す作業です。
    グラフィックを完成させるための土台となる最初のデザインを制作します。
    ここから、より良い映像制作に向けた作業がスタートします。

  • デザイン制作 2~3
    最初のデザインを基に、関係者が同じイメージを共有しより良いゲームを作るための意見、アイデアを出し合いながら、第二案、第三案の制作を行います。
    この流れの中で、最初のデザインは大きく形を変え、より完成度の高いグラフィックへと創り上げられていきます。

  • デザイン制作 最終
    最終のデザインを制作します。
    第一案から掘り下げられたデザインは、妥協のない作品となります。
    この流れが、関係者一同、妥協なく一つのプロジェクトへすべてをつぎ込みきることを可能にしているため、次のご依頼へと繋がっています。

  • ムービー制作 / 宣伝素材制作
    ただゲームを制作するだけではなく、その商品の販売に対しての提案も行います。
    ゲーム中のキャラクターを宣材用にブラッシュアップし、そのゲーム性に適した素材を制作します。

  • デバッグ、調整
    プロジェクトも大詰めです。

  • よし完成だ!