HOME / 人を知る / デザイナー Pさん

人を知る人を知る

意欲がそのまま自分の成果に繋がる場所。

プロフィールプロフィール

入社年月
2012年7月
前職
3Dデザイナー
出身地
フランス
出身校
Isart Digital
趣味
ゲーム・映画鑑賞
座右の銘
ミスはなくて、勉強しかない

ワーキングスタイルワーキングスタイル

09:50
出社
10:00
朝礼
10:10
デザイン業務
13:00
昼食
14:00
デザイン業務
19:30
帰宅

就業時間外の過ごし方就業時間外の過ごし方

映画を見たり、3Dを自作したりしています。
自分の技術を上達させたいので、新しいソフトを触ってみたりしています。
他には旅行が好きなので、目的地を決めずに電車に乗って、色んなところを放浪したりしています(笑)

昔からの夢、ゲームを作ることを実現するために入社しました。

やりがいのある仕事で日々勉強です。

―エスエフ・グラフィックスに入社しようと思ったのは何故ですか?

入社を決めた理由は、制作物のクオリティが高かったからです。
昔からずっとゲームを作りたいと思っていたのですが、面接でお話を伺い、ここで働けたら楽しいだろうと思ったので入社を決めました。

―以前は何をされていたのですか?

コンピュータ専門学校で、講師のような仕事をしていました。プログラマーの生徒たちが作ったゲームを見て、そのゲームに合わせてグラフィックを制作するという仕事です。
その前はフランスで、Web向けの3Dアプリケーションを制作していました。

―今のプロジェクトで任されていることがなんですか?

今はエフェクトの制作をしています。演出を見せる上ですごく重要な物なので、場面に合うように派手すぎず抑え過ぎず、適切な物を作るように心がけています。良いエフェクトが作れるように自宅で自分なりの物を制作したり、新しいソフトを使って見識を広め、表現の幅を広げられるようにしています。

―エフェクトを作っていて指摘を受けることはありますか?

勿論あります。作業にはいくつかの段階があるのですが、その段階ごとにアドバイスなどをしてもらえるので、指摘されていることも分かりやすいですし、教わっていることも吸収しやすいです。

ページトップへ

意欲がそのまま自分の成果に繋がる場所。

子供の頃からの夢だった職業に就いて充実した毎日を過ごしています。

―今のプロジェクトのリーダーはどんな方ですか?

自分もそんな風になりたいと思わせてくれる目標です。
作業で違和感があると思った時に制作物を見せると、一目で何が問題なのか、修正するべきポイントはどこなのかを指摘してもらえます。
知識や経験を豊富に持っていらっしゃるので、自分もいつかそうなりたいと憧れています。

―どういう時にやりがいを感じますか?

仕事にはいつもやりがいを感じています。
ポジティブに考えているので怒られたりしてもあまり凹みませんし、
むしろ凹むより自分が何したらいいか、どうしたらいいかを考えています。ミスすることもありますが、それは自分の勉強不足でしかないと思っているので、いつも前進できるように考えています。

―これからやっていきたいこと・挑戦してみたいことはありますか?

コンシューマーゲームをじっくり作ってみたいです。また、背景の制作にも挑戦したいと思ってます。
入社してから何度か作らせてもらったことはあるのですが、もっと自分主導で、表現を自分なりに工夫して作ってみたいなと思っています。

細かな仕様までチーム内で共有します。

―ありがとうございます。それでは最後に求職者にメッセージをお願いします。

エスエフ・グラフィックスは、1つの作業だけでなく色々な仕事を任せてもらえるので、オールマイティーに仕事ができるようになる会社です。
加えて、リーダーの方々は多くの経験を積んできているベテランなので、色々なアドバイスをもらうことができ、知識や技術力が身につく会社でもあります。
自分の意見を汲んでくれる風通しのいい雰囲気なので、自分から進んで学んでいきたいという方にはぴったりだと思います!

ページトップへ

人生グラフ

人生グラフ

2008年9月
子どもの頃から絵とゲームに興味があり、Isart Digitalに入学。先生のサポートを受けながら、自由に自分のプロジェクトを作ることができた。
2009年4月
研修ではあるが、初めてCGアーティストとしてゲーム会社に入社し、色々と勉強になった。「point'n click」というジャンルのアドベンチャーゲームの背景を制作させてもらい、背景制作に興味を持った。
2009年8月
ウェブ向けのアプリ会社に入社。学校を卒業するために研修が必要だったため、学校に通いながら会社で1年間研修をしていた。会社で使用していたアプリは機能が少なかったため、見た目をよくする工夫が必要だったが、勉強になった。
2010年9月
学校を卒業して来日。日本語を勉強しながらNCC(新潟コンピュータ専門学校)でプログラマー志望の生徒たちに対して3D制作のサポートをしていた。当時掛け持ちしていたアルバイトも、いい経験になった。
2012年7月
日本でエスエフ・グラフィックスに正社員で入社。子どもの頃の夢が実現しただけでなく、携われるゲームもビッグタイトルが多く、とても嬉しかった。
2014年
祖父母が亡くなってしまう。海外にいるので家族と一緒にいることができなかったことがとても悲しかった。
2014年12月
仕事のためにクリスマスと正月にも出勤していた。ゲーム制作には忙しい時もあるので仕方ないと思いながら働いていた。
2015年7月
自分がやりたかった背景のプロジェクトに入れて仕事がとても楽しく、充実している。
  • デザイナー Cさん
  • デザイナー Pさん
  • デザイナー Kさん