HOME / 人を知る / 新卒 / デザイナー Kさん

人を知る人を知る

楽しいだけじゃない。でも、幅広く色々な経験を身に付けられる場所。

プロフィールプロフィール

入社年月
2015年2月
前職
学生
出身地
東京都
出身校
女子美術大学
趣味
映像制作
座右の銘
人の手でやっているもので、自分にできないものはない

ワーキングスタイルワーキングスタイル

10:00
朝礼
10:05
作業開始
13:00
昼食
14:00
作業再開
19:30
帰宅

就業時間外の過ごし方就業時間外の過ごし方

一人の時間は趣味の動画を作ったり絵を描いたりしています。
仕事帰りはよく友人とご飯を食べたりもしますね!
居酒屋やパスタや鍋を食べに行くことが多いです。就業時間外の過ごし方

“これしかダメ”という窮屈がなかった

毎日が勉強。本を読んだり、周囲のサポートを得てがんばっています。

―なぜエスエフ・グラフィックスに入社しようと思ったのですか?

入社したいと思った理由は、制作物のクオリティが高いこと、また新人でもいろいろな分野のものを手広くやらせてもらえる印象があったからです。モデリングだったりデザインだったりで“この作業しかやってはダメ”というのがなかったので、入社を決めました。

―元々は何を勉強されていたんですか?

3DCGの映像制作を専門に勉強していました。大学の学科自体がパソコンでの制作物全般を扱うところだったので、色々なことに興味を持って、何にでも挑戦できる環境がこの会社と似ていて、親近感を覚えたのかもしれません。

―大学に入ってからCGは始めたんですか?

大学3年生になってから始めたので、3年目になります。学校で様々なソフトに触れる機会があって、そこで「あ、楽しい!」と思って3DCGをメインに勉強し始めました。基礎的なことは学校で教えてもらい、実践的なことは会社で教わりました。会社では人にお渡しするものを作っているので、教わったことをそのまま使うのではなく、応用することも必要なんだと思いました。

―映像制作のどこに魅力を?

一言で言うなら「想像以上を作れること」ですね。大学に入る前は一枚絵を描いて楽しんでいたのですが、大学で映像編集を教わってから自分の描いた絵が動くことに衝撃を受けました。また、音楽とかに合わせて動いた方がよりかっこよく表現できたり、可愛く表現できたりして楽しかったですし、CGになると一枚絵だけじゃなくてその空間ごと作っているので「すごい!私神様なんじゃないか!?」と思ってどんどんはまっていきました。元々自分の好きな作品を映像化するなら、私はこう表現したい!という想像をよくしていたので、のめりこむのは当然だったのかもしれません(笑)

ページトップへ

「私が作った」そんな実感を得られる仕事

―楽しそうですね。会社では、今はどんなことをしているんですか?

全体的にデザイン系です。例えば映像の絵面の作成、キャラクターの持ってる小道具の詳細デザインですね。クライアントさんから「こんな感じのヘルメットを作ってほしい」と言われたら、じゃあそれを3DCGに起こすために、3Dでも使えるデザインに作り直す必要が出てくる場合があるので、その際のキャラクターのデザインの描き起こしをしています。また、映像のどこに何を配置するのかというコンセプトアートみたいなこともしています。

先輩たちの厳しくも愛のあるサポートがありがたい。

―その中でリーダーから指摘されたりはしますか?

指摘はよくされますし、最初から書き直しになることもあります。でも、もともとプロジェクトの期間は余裕を持って設定されているので修正もしやすいですし、時間が長い分、もっと分かりやすいやり方や、自分なりのひと手間を考えて加えることができて、自分で時間配分を調整できるのはいいですね。

―今の仕事の、どこにやりがいを感じますか

一つの作業を自分が全て責任を持ってやれることですね。他の人の手が加わることがあまりないので、自分が作ったと強く思えますし、完成した時はやはり責任の分だけ実感も湧きますね。

―これからやってみたいこと、携わりたいことってなんですか?

やりたいことは演出の総まとめをやってみたいと思っています。ゲームでも映像作品でもいいので、自分が昔から想像していた演出を形にしてみたいですね。

企画から全てを手掛けられるレベルになれるよう今後も努力!

―ありがとうございます。それでは最後に求職者にメッセージをお願いします。

就業時間がしっかりしてるので残業も少なく、自主制作にも時間を費やすことができます。メリハリのある生活で、自分の技術も磨くことができるので、そのような向上心を持っている方は是非、当社をオススメしたいと思っています!

ページトップへ

人生グラフ

人生グラフ

2009年
地元の高校生向けCMコンペで優秀賞をとり、映像の業界に興味を持つ。
2010年
本格的に美術を学ぶため、上京して女子美術大学へ進学することを決意する。
2011年
女子美術大学へ入学。映像表現や美術の基礎を学ぶ。色々な機材に触れ、本格的に映像の製作に励むようになる。
2012年
在学中にゲームイラストなどの製作を行うアルバイトをする。自分のデザインしたものが商品になるところを見て感動。
2014年9月
就職活動まっただ中。学校で催された就活イベントでエスエフ・グラフィックスに出会い応募を決意。
2014年11月
エスエフ・グラフィックスから内定をもらう。就職活動が終わったので一安心。
2015年2月
アルバイトとして仕事をこなす。上司から的確な指導をもらい、わずかな期間で大きく成長できたことを実感。
2015年7月
正社員として雇用され、毎日責任感を持って仕事に励む。先輩や同僚たちの製作物に刺激を受けながら、自分もさらにクオリティの高い仕事をこなせるよう日々精進しています。
  • デザイナー Cさん
  • デザイナー Wさん
  • デザイナー Kさん